アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2006/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある科学の超電磁砲S 第24話「Eternal Party」(最終話)


「「「ジャッジメントですのっ!」」」


やっと「待ってた!」な展開。レールガンらしい最終回でした。



「エクセレント」

美琴達が初めてフェブリと出会った頃からずっと来ていた服をフェブリに着せてやっている砥信。
これから1人で外に出る事を言い聞かせ、そして例の飴を手渡す。

「それともう1つ・・・」

ちょっとの間躊躇い、美琴の名を覚えるよう言う。


あの決断で全ては始まった
今度こそ正しい答えに辿りつけるのだろうか?

ジャーニーを見上げながら砥信は自身に問いかける。




「まったく!困ったお姉さまです」

美琴から連絡を貰った妹達は自分達の出番が来るまでその時を待つ。


そして今、全ての会場の前に美琴の仲間達がパワードスーツの前に立つ。
それでも、2万体のパワードスーツを前にその人数でどうするつもりと余裕の有富達。
だが、それは違った。

judgement

「お待たせ、美偉」

固法から連絡を貰っていた柳迫碧美が、なんと!風紀委員達を全員招集して駆けつけてきてくれたのだ。

それは「どこからわいた?」と思われるくらいの人数。

uiharu2

「学園都市の風紀を乱すものは!」
「それと、フェブリを苛めるヤツは」
「「この盾の印にかけて」」

「絶対に許しませんのっ!」

さすがに青ざめる有富達。

「警備員を手名付けた位でイイ気にならないでよね!」
「じゃあ、今日は白井さん流に」


judgement2

「「「ジャッジメントですのっ!」」」


頼もしい仲間達に思わず笑ってしまう美琴。

「みんな、頼んだわよ!!」



もう、ここからは総力戦でパワードスーツと戦っていく黒子達の活躍ぶり+今までのOP曲と相まって滾る展開に!

shirai9

saten4

能力の低い者たちは連係プレーで。
とにかく目的は敷地から外に出さない事。
的確に指示を出していく固法と柳迫。

awa-wan

水流操作の湾内と浮力操作の泡浮の合わせ技。
そして2人が移動してきた先で待ちかまえていた婚后とも合わせ技で倒していく。

kongou2

フェブリを助ける為でもあるが、なんといってもみんなが頑張るのはそれが美琴からのお願い事だったから。

「今日の黒子は一味違いますのよ!
今は、お姉さまと共にあるのですからっ!!」


次々とやられていくパワードスーツ。
しかし、まだまだ奥の手を残している有富達はジャーニーの稼働率を上げて行く。

「私はなぜあの時、フェブリに彼女の名を告げたのだろう」

彼女を信じていたから?いや、違う。あれはきっと・・・



すると突然爆発音が。
美琴がフェブリの手引きで隠れ家までやってきたのだ。
まっすぐここに向かってきた事で、美琴と砥信が結託していた事を知る有富。

それでも、怒りを抑え込み大量のパワードスーツで美琴を出迎える。

「すぐに会えるから」

心配そうなフェブリにそう告げる美琴。


能力者がどれだけのものだとしても欠点は生身の人間である事。
物量的に勝れば、必ず疲弊する。そう有富は口にする。
そしてそれは確かに、アイテムと戦った際に美琴は痛感していた事だった。

「確かに、1人っきりだったらいろいろキツかったかもね。
でも、今の私は違う。みんなで一緒に戦ってるんだからぁ!!


超電磁砲によりあっという間にパワードスーツを倒していく。
桜井が驚きの声を上げると予想の範疇とイラついた声で有富が次の作戦を指示する。

まずは通信妨害で、今までの絶妙な連携を崩していく。
次に小佐古と斑目が機動兵器に乗り風紀委員達を蹴散らし始めたのだ。




一方、順調に倒していってるものの、次から次へと出て来るパワードスーツに美琴の息も上がっていた。
そこに現れた小佐古たちの機動兵器が現れる。
それは麦野のデータをもとに作られた擬似原子崩し搭載だった。



一方、初春達も追い詰められていた。

ところが、そこに突然現れたパワードスーツ『エカテリーナ二世改』

Ekaterina2

持ってきたのは黄泉川。春上も同乗していた。
離れた場所では枝先がテレパス同士のネットワークを形成し、再び会場同士の連絡が可能となった。


早速乗り込んだ佐天たち。
おにぎりを作りながら必死に佐天が読んでいたのはこれのマニュアルだった。

「うおっ!さすが初春。気合い入ってるね!」

あー・・さすが最終回。ここでパンツの柄確認きましたか(爆)

気合い込めて佐天も突っ走る。
エカテリーナ二世改は小佐古たちの機動兵器を凌駕していた。


美琴に向かってお見舞いされた敵の武器は・・・麦野の原子崩しとは比べ物にならない程度だった。
さらにそこに本物キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

自分とは比べ物にならない酷い光。
それ以上に、今までのしょーもない依頼は全てこの為で、自分はハメられてデータ取られていた事実にもうすっかり激怒状態の麦野。

「懲りねえガキにかかずらってる程、私たちは暇じゃねえんだよ」

美琴がいたのを知っていながら無関係を決めつける麦野。


その美琴は麦野たちに任せ、有富たちのもとへと走っていた。
カメラを壊され、外の様子が全くわからなくなってしまった有富。呼びかけても小佐古たちの応答もない。

「まだ僕らは負けたわけじゃない!」

「約束通り来たわよ」

全て止めてジャーニーを解放するように言うと、完全に追い詰められた有富はとうとう最後の手段に出てしまう。
しかし、それは桜井達をも震え上がらせる本当に最後の手段だったのだ。

動きを止めるパワードスーツ達。
システムの暴走。
有富がやったのは、この学園都市そのものを灰に出来る作戦。

「僕が言うと思うのか?」

止める事など不可能にするため、銃口を米噛みにあてる有富。
顔を歪めながら引き金を引く・・・が、なんと美琴が負傷しながらそれを阻止したのだ。

「死んで逃げようなんて・・そんな楽させないわよ!」

血を流している左手で有富の頬を打つ。

有り余る能力を持ちながらその先に行こうとした一方通行
有富同様、能力などなく。それを得る為に人の道を外れようとした者。
じぶんをただ道具だと言って、残酷な運命をただ受け入れている妹達。
その子達を守る為なら自分が死ねばいいと考えている砥信とかつての自分。

「上だとか下だとかそんなの関係無い。
私はみんなと約束したの。絶対にフェブリを助ける。この街を守るって
その為ならアンタだって守ってやるわよ!」


美琴の言葉に銃が床に落ちる。
美琴は改めて止め方を有富に訊ねるが、桜井はそんな事出来ないと断言する。
5000枚のフィラメントとAIM拡散力場を使った攻撃。高度35000kmの位置から既にミサイルは発射されていた。

「そう。止められないかもね、私1人じゃ」

しかし、今は仲間と戦っている。
みんなにその事を伝えると、ただちに止める手立てを探りにかかる仲間達。
だが、まずい事にフェブリは飴を舐めつくし顔が赤い。時間が無い!

「私にやらせて!出来るとか出来ないじゃないのよね
やってみせるわ。貴女が言ってくれた私にしか出来ない事を」


砥信の言葉に微笑む美琴。
しかし、風紀委員のシステムでは軌道を割り出す事すら出来ない。
だが、こんな非常時に絶妙なタイミングで連絡を入れてきたのは妹達。
やっと出番が来たと。

軌道の計算を済ませ、どうすれば止められるかの方法もわかり、美琴が準備に入る。
取り急ぎ、有富から聞き出し飴を手に入れる事が出来た。
そして砥信は暴走状態のシステムからジャーニーを救うため、フェブリの力を使う事に。

妹たちの計算でエカテリーナ二世改を婚后に調節して貰いそれに乗り込んだ美琴と黒子。
初春はこの短時間でどうやってこの計算が出来たのか不思議がるが(笑)

「黒子は今この場でお姉さまに頼って頂ける事が何よりも誇らしいですわ」

こんなところまで付き合わせてゴメンと謝ると、嬉しそうにこえ返す黒子。

「ありがとう」


そしてみんなの思いが詰まったエカテリーナ二世改が飛び立つ。ミサイルに向けて。


こちらも同調させた。いよいよ、フェブリの番。
ガラス越しにジャーニーに語りかけるフェブリ。

「どうか彼女の思いに応えさせてくれ!」

上手くいくかわからない中で祈る砥信。
だが、処理スピードが追い付かない。と、そこに外部からアシストが入る。
妹達だった。

「手助けします
貴女に頂いた心の欠片のお礼です シリアルナンバーは19090号です」

それは砥信が以前願いを込めて施したもの。それが届いていた!
それを今度はジャーニー達に伝えあげたい・・・。


いよいよ宇宙へと飛び出したエカテリーナ二世改。
一足先に黒子は祈りながら宙に飛び、残った美琴は超電磁砲でエカテリーナ二世改をぶっ飛ばす。
それはまっすぐミサイルへと吹っ飛びミサイルを爆破する。


mikoto16

shirai10

成功を見届けた美琴は、受け止めてくれた黒子の腕の中で目を閉じ、そして地球へと戻っていった。

「世界がどんなに眩しく美しいのかを」




「おはよう、おねえちゃん」
「おはよう、ジャーニー」


佐天に言われ、差し出したのは砥信に食べさせたいとフェブリが握ったおにぎり。

feb-saten

「私にも、見て貰いたいものがたくさんあるわ」



無事救出されたジャーニー。そしてフェブリは砥信と共に国外の研究施設に行く事になった。
別れが寂しくて号泣の佐天と初春。
黒子はジャーニーに四つ葉のクローバーを差し出す。お守りだと。

事件の記録は美琴が書き替え、さらに一部の人間の記憶操作は美琴が頭を下げて食蜂に頼んだようである(^^ゞ

shinobu-r

「今度は私の番ね。大丈夫、きっと出来るわ。
私ももう、一人じゃないから



それを象徴するかのように、今回の一連の事件にかかわった者たちが・・・
その中に

acceler-uchidome

一方通行を見守っている打ち止めちゃんの姿が出てきたのは嬉しかったですね。


「ホント、退屈しないわね」
「「「御坂さん(お姉さま)といると!」」」




前半は美琴と当麻のバトルシーンがあり、手に汗握りましたが、やっぱり超電磁砲らしさを感じたのはこの最終回のみんなとの共闘。
美琴を中心とした輪がここまで広がり。あのアイテムまでもが半分手を貸したような、敵も味方もなくスタディの目論見を潰し学園都市を守るために動いた姿はかっこよかったです。

しかし、最初から全てが伏線となって回収の結集が最終回に凝縮させていて。
1人として。1シーンとして無駄が無かった事が凄かったなぁと。

ここに辿り着くまでが辛い展開ではありましたけどね。見ているこっちも辛かった。
でも、その苦悩を乗り越える術を仲間達に教えられ。そして当麻の夢が美琴を支える夢にもなって。
だからこそ、砥信の気持ちを動かしたのだろうし。
さらにはずっと罪の意識を抱えてきた妹達とフェブリ達が彼女を慕い感謝していた事が彼女を救い。
実にハッピーエンドな最終回でした。

ただ、研究第一の学園都市の抱える闇(暗部を抱えている時点でどうよ!です)にまだまだ美琴達も当麻達も苦悩するのでしょう。その中でのこの「心の在り処」を問い、答えを出した今回の流れは本当に見ていて最後は爽快でした!


ただ、それは精神論として。
細かく言えば、制服姿で宇宙に行って平気・・とか
劇場版で宇宙に行っちゃったから美琴達にも行かせちゃったの?とか
佐天さんがものすごく馬鹿力だとしても、パッドでパワードスーツぶっ叩いて何の衝撃もない・・とか
作業用ロボの性能があまりに高過ぎる点・・とか
あれだけの事言っておいて、ラストの有富があまりの小者っぷりにガッカリとか

いろいろ原作未読の私でも感じる設定の粗さというか(^^ゞ
妹達の「闇」がまるで奇麗サッパリこれで解決・・・な風にまとまっちゃってるのは違うだろ!とか。
感じる事は多々あったですよ。
これは正直、原作ファンの間では物議をかもしそう・・な気も(^^ゞ


でもまぁ、今回も安定した絵と声に大いに楽しんだ2クール。スタッフの皆さんとキャスト陣に感謝を。

次は・・禁書かしら。

ここまでお付き合いありがとうございました。




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201309/article_33.html



にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 とある科学の超電磁砲 S 御坂美琴《10月予約》

 とある科学の超電磁砲S 第3巻 【初回生産限定版】

 とある科学の超電磁砲 S 白井黒子《02月予約》

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9948-f0691c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
最終回らしい最終回ではありましたね。 婚后さん、大活躍ですよ! 湾内、泡浮を含めたあの3人の活躍は良かったですね。 歴代のOPを次々と流していましたが、流しすぎて逆に盛り上げに 欠けた気もします。  とある科学の超電磁砲S 公式サイト とある科学の超電磁砲S 第4巻 (初回生産限定版) [Blu-ray](2013/10/23)佐藤利奈、新井里美 他商品詳細を見る ...
2013/09/28(土) 21:25:53 | ひえんきゃく
第24話「Eternal Party」 2万体のパワードスーツとの総力戦。 戦力のバランスに不安を感じましたが、助っ人はジャッジメント。 学園都市にこんなにいるんですか? 全員で「ジャッジメントですの!」 これには笑ったw こういう熱い展開大好きです! とにかく動く、動く! 妹達編では待つだけだった黒子。今回は美琴と共に戦える事に喜びを感じています...
2013/09/28(土) 22:12:45 | いま、お茶いれますね
[終]とある科学の超電磁砲S 第24話 『Eternal Party』 ≪あらすじ≫ 革命未明によるテロを未然に防ぎ、さらにフェブリの同位体で“姉“のような存在のジャーニーを救うべく、危険を承知で立ち上がった美琴たち。 迫りくる二万体のパワードスーツ。それに退治するのは美琴たち……だけでなく、有志で集まった風紀委員たち。そこに黒子たちも加勢する。 一方、美琴はフェブリの...
2013/09/28(土) 23:00:43 | 刹那的虹色世界
 ジャッジメントですの。
2013/09/28(土) 23:15:52 | つれづれ
ああー、これ『超電磁砲』じゃない。この最終回は愚痴だらけになってしまった残念な回でありました。前回までの周りの反応が今になってよくわかった気がする。普通でいいのに、普 ...
2013/09/29(日) 00:09:22 | 所詮、すべては戯言なんだよ
 とある科学の超電磁砲S  第24話 最終回 『Eternal Party』 感想  次のページへ
2013/09/29(日) 04:35:21 | 荒野の出来事
とある科学の超電磁砲S 第1話 ~ 第24話 Eternal Party 本作を原作とするテレビアニメが2009年10月から2010年3月まで放送され、2010年10月にはOVAが発売。2012年にはテレビアニメ第2期の制作が発表された。 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
2013/09/29(日) 05:23:43 | 動画共有アニメニュース
これまでの話がうまく生きた最終話でしたね。 まさかロボットアニメになるとは^^; 今回の勝利は光子ちゃんに負うところが大きいなと。 二次元の世界のお金持ちキャラはほんとケタが違いますね。 佐天さんも負けず劣らずの大活躍。 バットで堂々渡り合ってました。 ロボ操縦は頼まれてたのね。 マニュアル読んだだけであれだけ動かせるとはすごい。 事前の根回しも完璧の美琴チーム、メガ...
2013/09/29(日) 06:07:32 | のらりんすけっち
「ジャッジメントですの!」 これはスタッフ全員で言ったのかなw 「ですの」をつけるとは…今回はギャグ回ですねわかります、 とある科学の超電磁砲S 第4巻 (初回生産限定版) [Blu-ray](2013/10/23)佐藤利奈、新井里美 他商品詳細を見る
2013/09/29(日) 17:30:04 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記
皆が1つの目的に向かって一丸となり、多くの協力者を得て、フェブリを救い、学園都市を守る為に動き出します。 その連携でSTUDYのロボットを破壊していきます ...
2013/09/30(月) 22:58:45 | ゲーム漬け
[とある科学の超電磁砲S] ブログ村キーワード とある科学の超電磁砲S 第24話 「Eternal Party」 #railgun2013 『とある魔術の禁書目録』のヒロインの1人である御坂美琴を主人公として、科学サイドの出来事を描いたスピンオフ作品。 サウンド 音楽 アニソン Rozen Maiden ローゼンメイデン 水銀燈 真紅 水樹奈々 茅原実里 神奈川...
2013/09/30(月) 23:49:16 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。