アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作・絵:日高ショーコ
「初恋のあとさき」






【キャスト】

仁科透:小野友樹
美山洸平:間島淳司
安東:高橋広樹



10年振りの再会は懐かしさと恋の痛みに溢れていた――
カフェオーナー×会社員のすれ違いラブ。

仁科が打ち合わせに訪れたカフェは、学生時代の親友・美山がオーナーを務める店だった。
10年振りの再会を懐かしむ仁科とは対照的に、美山は自分を覚えていないかのように素っ気ない。
確かに存在した“友情以上'の関係。切ない「初恋」だったあの頃にはもう戻れないのか──?


ジャケットイラストは日高ショーコ先生の美麗描き下ろし!








お友達に聞かせて頂きました。


前作は、発売されてすぐに聞きましたが(モリモリ×ゆうきゃん)、こちらはサイバーさんの倒産により美山のキャスティングがスズケン⇒マジーに変更となったため。
前作での美山はあくまでスパイス的な役割で脇役でしたが、それでもかなりキャラと声があっていたので、キャスト発表があった時から残念で残念でたまらなかったのです。



さて、改めて聞いてみましたが・・・


比べたら確かに物足りなさは感じます。
私は特に刷り込みに弱いので、どうしても前作の声がワンワンと頭の中を駆け巡ったのは認めます。
でも、それを抜かせば悪くなかったと思います。

マジーも案外、アニメでは敵キャラも担当したりするせいか、気付いていたのに忘れたフリをして会話するシーンや、
好き過ぎて、高校生当時、仁科が自分との交際に腰が引きかけているのに気付いていながら「愛してる」の言葉で離そうとしないシーン。
別れてからこの10年、一度も全く仁科を忘れられないでいるのに・・いや、だからこそのキツイ台詞のやり取りのシーン。

などなど、案外あっていたように思いました。


また、小野ピンとの絡みは?と思いましたが・・・

このカプ、リバシーンがあるんですよね。

ところがまぁ、聞いてみたら  案外、このお2人って声のトーン的には同じ位置に属するのかしら?
今まで似てると思った事はなかったんですが、Hシーン、名前を呼んでくれないとどっちの声がどっちの喘ぎ声なのか?じっくり聞かんとわかんなくなる瞬間が!(笑)
台詞はもちろんわかるんですが、なんせあの時の声とかがね(〃∇〃) てれっ☆


完全に片方が攻めボイスとかじゃないからこそ、この作品に関しては上手いキャスティングだったんじゃないかな?と思ったり。


しかし、ここはベテランの味でしょうか?
高橋さんの安東は、想像よりやや声が高かった気もしましたが、彼の声が2人の間に入る事でイイ感じにまとまってた気がします。
高橋さんにも是非、フリトに加わって欲しかったなー!!




ここ最近、売れっ子なのに片っ端からBLCDに出捲ってくれてる印象の強い小野ピン。
フツーの台詞は相変わらずイイ声なんですけど、さすがここは声優としてもBLCDとしてもキャリアが上なマジーが上手く引っ張ってる印象も。
特にHシーンの最中、SE(キス音他)がちょっと何しているのかな?という部分もあったりしたのですが、その辺は頑張ってー!!

声質的には、小野ピンを初めて知った「銀魂」の茂茂の声に近いかしら?
最近は、「黒バス」の火神に近い声をよく聞いているせいか、改めて「イイ声だわー!!」と再確認。



特典CDのフリトは、学生時代(特に高校時代)を振り返った爆笑トーク。
小野ピンが仕切る筈が、途中からどっちが仕切ってるのかわからなくなっちゃうグダグダさも微笑ましかったです。





  

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9988-b587cbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。