FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

07-GHOST 第15話「あの日、確かに彼といた」




「やっと2人きりで会えたね  ゼヘル」


自分達の正体を挑戦的にチラチラと見せてくる敵の気配
クロユリ達はいったい何をしようとしているのか?





フラウとの会話でまだわからない事だらけながら、今は今の自分に出来る事を精一杯やろうと決めたテイトは図書館でお勉強


「おやおや、仲がよろしいようですね」

「そろそろ始めようか」


テイトの傍にはいつもハクレンが
そんな2人を見つめているクロユリとハルセ
そして何やら始める2人
そしてその嫌な気配を察知するフラウ
そして廊下を歩くハルセの口元に笑みが浮かぶ



図書館ではテイトとハクレンが
そんな2人に近付いてくるのは先ほどの司教姿のハルセ


「失礼ですが 何かお探しですか?」


ハルセの肩を掴んだのはカストル
そんなカストルにある司教から頼まれたとパスをテイトに渡す。
それを頼んだのはフェア=クロイツだと。
そして伝言があると話し出した言葉はファーザーがテイトに言った言葉

その言葉を言いながらテイトに近付くハルセを触覚のような蔓のような彼のザイフォンで壁に縛り付けるカストル



「よく聞きなさい、テイト・クライン
教会はあなたの味方ではない」



そう言い残して消えてしまう。


フェア・クロイツという名に覚えがありながら思い出せないテイト
そして再び教会が敵か味方かで迷いだす


「また同じ事で迷い出すのか
俺たちはおまえにとって敵か味方か、それはおまえが判断する事だ
おまえにしか決められない」



言い訳も何も一切無く、それだけ言って立ち去るフラウ


「今のテイト君はこの花と同じ
苦しそうに揺れている」


カストルもラブラドールもフラウの考え方に同意するも心配でならない。




フラウが何も言わないからこそどうしていいのかわからなくなってしまったテイトに、ハクレンの


「どんな事があっても俺はずっとおまえの味方だ」


こんな言葉に一度は嬉しそうな顔をするテイトだったが、すぐに表情を曇らせてしまう。




「早く会わなくてはならないな」


ジオにテイトの報告をする3人。



ここでわかった事

ミカエルの瞳が封印したモノ フェアローレンの身体
ラファエルの瞳が封印したモノ フェアローレンの魂
そして魂は人間の身体に転生を続けている

もしやアヤナミのあの能力は・・・彼はフェアローレン???


この世の最大の切り札はテイトの運命を巻き込んでだが教会側にある



「どんな結論を出すんでしょうね?
彼にとって私たちは敵か味方か」



「彼の運命はもうすぐ動くよ」


「今度は僕1人でやる」


またもクロユリが何かを仕掛けようとしています
その気配に気付くフラウ



furau13.JPG クリスマスツリー状態のフラウ


furau&teito2.JPG 見詰め合う2人(違っ)



何を信じていいのか不安なテイトに先ほどと変わらない返事しかしないフラウ


チョロチョロと気配を小出しにしてくる敵
それに焦れて追い詰めるフラウ


「何処だ!何処にいる!ここかっ?!」


「やっと2人っきりで会えたね、ゼヘル」



その先にはクロユリがいた
教会に逃げ込んだ罪人に無体な仕打ちをして・・・


「所詮、おまえも醜い化け物」


攻撃を始めるクロユリ
しかし、フラウのフェアローレンの鎌を見せた途端顔色が変わる



その頃テイトは迷ってばかりの自分に嫌気が差していた
フラウ達を信じたい気持ちとハルセの言葉の間で迷い悩む



furau14.JPG



「(俺の愛しい/言ってないし)テイトに指1本触れさせねえ!」


「貴様こそ!その鎌は大切な・・大切な・・・」

そこへハルセの声の「下がって下さい」という声が聞こえる
悔しそうにそれでも短刀を罪人の肩に刺して逃げるクロユリ


その短刀はバルスファイルの武器だった。
運悪くそこへ警備の者が入ってくる
素手でバルスファイルの武器を触っているフラウは罪を擦り付けられて連行されてしまった
人間が素手でその武器に触れる筈がないからと。

フラウは罠に引っかかってしまったのだ!

連行されるフラウを心配して声をかけたのはバスティン大司教補佐
にこやかに連れて行かれるフラウだったが・・・



そしてお花さんの力でフラウの事を知るラブ
そこにまたもや何を信じていいのかわからなくなっている状態のテイト

そんなテイトをフラウの事は知らせずにある部屋に連れて行くカストル



己を心に向かい合う部屋


「自分の心を見つめなさい
霧が晴れた時にあなたの気持ちも見えてくる筈です」




会議中のアヤナミと交信するハルセ
今回の彼らの役目はどうやらフラウを囚われの身にする事だったようです。
これはテイトとフラウを引き離す為?

しかし、フェアローレンの鎌がフラウと一体になっている事を知ったクロユリは悔しさで泣いています

「悔しいっ!あんな奴にアヤナミ様の大切な鎌が汚されていると思うと」

「泣くな、おまえの気持ちしかとこの胸に受け止めている
だが今は耐えろ。独断で動くな。
我らは必ず奴を手に入れねばならぬ」


「わかりました
絶対アイツをこの手に入れてみせる」



kuro-haru.JPG


「クロユリ様」


うおぉぉぉーーーーーっ!
背後から抱きしめですか?!!!

ああ!クロユリが守備範囲外ですが、この抱きしめ方は大好物です(バカ)



奴・・・とはテイト
やはり身体を奪い返したいのですね



懸命に自分の心を見つめるテイト
そんなテイトに話しかけてきたのはファーザー


「信じるのです テイト
自分の良心に従えば自然と霧は晴れるでしょう
また1つ、あなたに施した封印を解き放ちましょう」



え?死んでるのに封印解除できるの??a


そして思い出す。ファーザーの名はフェア=クロイツだったと
そして自分はファーザーの手で育てられたと

そしてカストル達に思い出した事を告げるテイト
自分はこの教会育ち・・・だからここは自分の居場所だと
でも、それ故に湧き上がる1つの疑問。
何故、あの司教は教会は味方じゃないと言ったのか?


そこでまた新たな事実をカストルから知らされる


「フェア=クロイツ司教はその昔教会を破門された人物です」






今回はいろんな事がわかったような気がする回でした。
そして物足りないと思っていた羽多野さんの声を堪能できた回でした♪


アヤナミの正体
ミカエルの瞳とラファエルの瞳の受け持ちと現在誰が所有しているのか
クロユリとハルセの役目
ファーザーの名前とファーザーと教会の関係


自分の心と向かい合い、教会を信じる気になったテイトに新たに知らされたファーザーの事実。
育ての親を破門した教会に対し再び疑惑の目を向けるのでしょうか?

だんだん露骨に行動を起こし始めたアヤナミ側ですが、
だんだんアヤナミの並外れた強さの理由もわかった気がします。
これはますますミカエルの瞳がアヤナミの手に渡ったら大変ですね!

しかし、テイトを守る!と言ったフラウは牢獄の中だし・・・

ぐはーーー!次回が気になります。


そんな中、どんどんテイトに対する接し方が変わってきているハクレンにホッとさせられます。


予告を見てラゼットに笑ってしまったんですが・・・


lazet.JPG



今度の日曜、07-GHOSTイベントに参加してきます!!!
2週続けて速水氏が見れる幸せ〜です。
そして1ヶ月ぶりにべーさんにも会える喜びです?????
個人的にアヤフラ派なので、2人が何か絡んで下さるとめっちゃ嬉しいんですが (〃∇〃) てれっ☆









 07-GHOST(8)


13367021.gif
07−GHOST the world vol.1


13366617.gif
07-GHOST ドラマCD 第一巻



07-GHOST 第13話「光ある道の先に見るものは…」


新番組レビューに圧されて、先週お休みしてしまいましたので一週間遅れでUP♪



とにかくこの13話と14話はフラウの表情と台詞に激萌えしました!!!
即脳内BL変換でしたーーー!(〃∇〃) てれっ☆
べーさんエロいっ??







「俺はおまえを守んなきゃいけねえんだよ」





公式HPより


教会の門番が何者かに殺され、その体に『神のご加護があらんことを』という文字が刻まれていた。ハクレンと共に現場に居合わせたテイトは、冷徹な目つきで佇むフラウを目撃する…! 
そんな中、テイトは幼い頃、“ファーザー”と呼んでいた神父と共にいたことを思い出す。これ以上、周りの人々を巻き込まないためにも、過去やミカエルの瞳のことを思い出したいと願うテイト。その脳裏に“ファーザー”とのさらなる記憶がよみがえる!





アルドの謎の死
そしてそれを高みから今までテイトが見た事もないような冷たい眼差しで見ているフラウ



furau11.JPG


前回の退治しているシーンといい、夜のお仕事時のフラウは表情が恐いです




なんとなく眠れないテイトは部屋を抜け出すと廊下のマリアの絵のステンドグラスの前でふと足を止める
すると突然頭の中に流れ込んでくる過去の記憶・・・ファーザーとの記憶


「まあいい。悩みを打ち明けあうにはまだ俺たちの距離は遠い」


部屋に戻った際にハクレンに言われた言葉
少しは歩み寄りを見せかけてるように思えるハクレンの言葉
しかし、今は気まずい空気が流れるだけ・・・


ファーザーを見た事で過去を知らなくてはとミカエルの瞳の事を調べ始めます。
周りのみんなを巻き込まない為に(←テイトの基本形ですね)

しかし、自分が知っている以上の知識は得られない
すると何処から吹いてきた〜〜〜?な風によって開かれたページにあったフェアローレン
そして突然文字に何かを見せられるテイト
そこに通りかかったハクレンとフラウ

相手がフラウとわかると突然ハクレンは「お目にかかれて光栄です」そう言って本を渡す。



fura-haku.JPG


「グッジョブa(byフラウ・心の声)
しかし本はバスティンに取り上げられ〜(爆)



そこで思い切ってテイトは07-GOASTがアルドを殺す事があるのか?と問う
バスティンは如何なる悪も彼らは許さないと答える
でも、逆に我々を守ってくれるとも。

その答えに笑みを浮かべる一同の中でハクレンだけが複雑な顔を



フラウにバクルスを壊してしまった侘びを言いに行き、そこでフラウとカストルの話を聞いてしまう。
正確には言葉が頭に流れ込んできた(ミカエルの力か?)



フラウもカストルもみんなミカエルの瞳の事を知っていて自分をここに置いていた事を知った事で彼らにも帝国と同じ疑念を抱いてしまうテイト。
そして更に小さい頃の自分がここで、ファーザーによって育てられた事を思い出すテイト。
そして自分の記憶を封じたのもファーザーである事を


「愛していますよ、テイト
我がラグス王国に栄光とあなたに神のご加護があらん事を」




自分がミカエルの瞳を持っていたから父をファーザーを、ミカゲを失ってしまった



「もういっそ大事な者など欲しくない!」そう呟いて涙を流すテイト

「フラウ司教にお伝えしてきた方がよさそうだ」


なんかもう立派に親友の域じゃね?>ハクレン
今のテイトに何が誰が必要かしっかり把握してる感じですよねぇ〜♪


「どうして教会に引き止めるんだ!まさかおまえ達も軍と同じようにミカエルの瞳を狙っているのか?」

そんなテイトをアッサリ片手で封じるフラウ


「くそっ!やるんならやれよっ!」

「いいのか?初めてなんだろ?」というフラウの声が頭の中を駆け巡る〜〜〜/爆爆爆)


「逆だ、俺はおまえを守んなきゃいけねえんだよ
でも、いつまでいられるかわからねえ。だから強くなれ、いつか1人で歩けるように」



それはかつてファーザーが言った言葉
それと同時にフラウには他人の記憶を読む能力がある事を知る
詰め寄ろうとすると


「いずれわかる」

また悲しい顔で
最近、時折見せるこのフラウの表情はなんなのだろうか?
ずっと傍にはいられないとか、出会った頃と雰囲気が変わりつつあるフラウ

それは何を暗示しているのか?



そしてその2人を見つめていたカストル
そのカストルとすれ違った受験生の中に黒い影を感じるカストル
そしてその中にはクロユリととてもよく似た者が・・・



ファーザー@木内さん登場?
お待ちしておりましたわ(うふふ)
このトーンの木内ボイス好きなんですよぉ〜♪

また少しテイトの記憶が蘇りましたが、まだまだ語られないミカエルの秘密とフラウの変化
これからテイトの身に何が起ころうとしているんでしょうか?
フラウの表情が一番不安でならないんですがーーーっ!!!

その反面、小学生扱いしてて水と油のようだったハクレンの歩み寄りが非常に嬉しく思える回でした。


しかしなんたってテイトを押さえつけるフラウ
「やるならやれよ!」


ああーーーっ!もうBLでは常套句というか自然な流れ過ぎて目が血走りそうでした(笑)

それと、テイトが押し倒されてる図を見た嫉妬?(笑)
ブルピャがガシガシとフラウの頭を齧ってるのが可愛いっ??








 07-GHOST(セブンゴースト) [1~7続巻]


 07-GHOST(8)



13367021.gif
07-GHOST ラジオCD 「07-GHOST the world」 Vol.1【予約 07/08 発売予定】



13366617.gif
07-GHOST ドラマCD 第一巻



07-GHOST 第14話「共に戦う理由…戦友と呼ばれる資格」



バルズファイル関与

テイトが狙いの筈の敵の回りくどいやり方の真意は?






受験生にまぎれて入り込んだ敵の挑発
それをわかりながら追い出せない
特にラブラドールの不安は大きい


「大丈夫、俺が守る」



部屋ではテイトがいないのでブルピャが落ち着かない
そのテイトはカストルによる特訓の真っ最中

またもやフラウ似のドールいっぱいと追いかけっこ
これはまたバクルスを破壊してしまったテイトの精神面を鍛える為
ザイフォンを一定のシールドを張り巡らせた状態のまま維持して走るというもの
これがバクルスを使いこなすのに必要だと。



にこやかなスパルタっ?



「さてどうでしょう?あえて挑発にのって差し上げたのですが」

「あれは・・・」


その相手がテイトを見つける
やはりクロユリとハルセだった
チャンスだと言うハルセに対し、ガードが固すぎると今テイトを捉えるのを避けるクロユリ
フラウ似のドールは単に練習の相手だけではなくガードマンの役割もしていたんですね。



へとへとになって戻ったテイト。
テイトの着替えをコッソリと見ていたハクレンはテイトの身体に戦闘用スクラーの印を見る
そしてテイトから語られるブルピャの事、ミカゲの事。


「俺はコイツの為に試験を受けるんだ」

「訳ありか」


やっと互いに失言の侘びを言い合えた2人
そして今度はハクレンの口から語られる試験を受ける理由


コールに侵されてしまったハクレンの母の事。そして助けてくれたのがフラウだった事
だからハクレンにとってフラウは特別な人物だったのだ。
対面ばかりで母を救ってくれようとしなかった父を恨んでいるのか?
父と同じ道を進まないとこの司教試験に臨んだのだ。

自分の考えを貫いてここにいるハクレンを感心するテイト


そしてテイトも特訓を続ける


teito&furau's.JPG


ヤッター!\(^o^)/おめでと♪


そしてその状態でバクルスを使うと初めてきちんと発動できたのだ
プロ用を使いこなすのは普通まだ出来ない筈なのに使えてしまったテイトに驚き感心するカストル

それを影で見ていたハクレン。そしてそんな彼に気付いていて声をかけるカストル


練習後、突然バルスに襲われる2人
テイトを庇った事で危険な目にあうハクレン

堕ちるハクレンの手をしっかり掴むテイト
そしてそんな2人を助けたのはフラウ


そしてフラウの登場を待っていたのはクロユリとハルセ
アヤナミの言葉どおりの展開にしたり顔のクロユリ

「見つけたよ、ゼヘル」


バルスとはコールに3つの願いを叶えられてしまった者の成れの果ての姿

そしてバルスから出てきたのはアルド
フラウはクロユリ達の気配に感付き鎌を投げつけるも逃げられてしまう。


バルスの出現によって会議を持つ教会側
どうやらバルスファイル=黒魔術師が関与していると考えるジオ

テイトが狙いなら、どうしてアルドを殺したり回りくどい事を敵はするのか?
しかし今、テイトの事について話すわけにはいかない

バルスファイルの名に騒然とする



「あなたは私の宝ですよ、テイト」


しかし、自分の手を引いてくれた人達は皆死んでしまう



「もうおまえは俺の傍にいてはダメだ!」

「おまえが自分の命をかけて俺の手を一番最初に取ってくれたから
共に戦う理由にしてはじゅうぶんだな、親友」



そう言って手を伸ばすハクレン
しかし、もう親友を大事な人を失いたくないテイトはその手を取れない


「今のおまえ、最初に俺と会った頃のおまえに戻ってるぞ」


突然ミカゲの声が


そして突然の目覚まし音


furau9.JPG


うきゃーーーっ?????なんて気だるげ?
そしてなんでこんなにボロボロ(笑)な服???(爆)

しかし、とにかくバルスの出現はフェアローレンの復活の為にせっせとコールが動いている証拠
バルスにやられた人間は魂を抜かれた生ける死人になってしまう。
そしてそんな闇で覆い尽くそうとしているのだ

フラウの言葉を聞いて、よりいっそうの力を付ける決意をするテイト


「今はそんなに力は無いが、俺がおまえを守れる位強くなったらダチになって欲しい!」

「バカだな」(もうダチだよ!って意味だよね?>ハクレン)


furau12.JPG


「ラブラドールのヤツ、勝手な事言いやがって・・・」

「フラウ、お願いがあるんだ。テイト君の手を絶対に離さないで」


「わかってるよ やっぱり無理矢理にでも部屋に帰しときゃよかったぜ
ありゃ拷問だぜ
早く夜になればいい 一晩中火照り続けた右腕の熱を誰かに吸い取って欲しい」







ぎゃあぁぁぁーーーーーーっ!なになに??!!
こんな事言われて冷静にレビューなんて書いていられないでしょ?!(マテ)
いや、マテない〜〜〜〜っ ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ


テイトが傍にいると拷問なの?
何に耐えてるのっ!

テイトっ!その熱を吸い取ってやってくれっ!!!(バカ)
美味しい台詞のオンパレードにどうにかなりそうです





その影でしっかり友情関係を結べてるテイトとハクレンも可愛くてイイですね!

そしてあっちでこっちで遅ればせの登場ながら、本格始動し始めたじゅんじゅんが実にイイです!
最初の頃は尖った声で
それがテイトという人間を知るにつれてどんどん声も丸くなっていく


やっぱりじゅんじゅん上手いですっ!!!


しかし、よく見るとマークは全く違うけど、テイトとフラウって同じ場所に印があるのねっ?????







 07-GHOST(セブンゴースト) [1~7続巻]


 07-GHOST(8)



13367021.gif
07-GHOST ラジオCD 「07-GHOST the world」 Vol.1【予約 07/08 発売予定】



13366617.gif
07-GHOST ドラマCD 第一巻



07−GHOST 第12話「痛みという名の闇はひたひたと…」






公式HPより


司教試験を前に受験生たちが教会へ集まる中、テイトはハクレン=オークという勝ち気な受験生と出会う。ハクレンはテイトを子供扱いし、二人はいきなり反発しあうが、あろうことかルームメイトになってしまう!
そんな中、テイトはバスティン大司教補佐が“バクルス”を使いこなして、使い魔・コールを浄化する姿を見る。バクルスをうまく使えないテイトに、カストルは深夜の特別講習を提案する





「おまえら、人として生きるありがたみを知れよ」


furau6.JPG




今回、冒頭いきなりのいつもと雰囲気の違うフラウにギャーa




コールの甘い手口


人生にあまり恵まれていない男に「神のご加護を受けていないのね」と話しかける女性


「死んじゃう前に何かやりたくないの?
3つの夢に変えてみない?
さぁ、魂をかけて願いなさい」


でも、それがコールのやり方


仕事によって金を得た
恋人も出来、
脅してきた彼女を殺した事で自由を得た



曲げて解釈してくるいつかの女
そしてそのまま男は魂を食われてしまった・・・



一方、テイトは・・・


先日会ったハクレンに小学生扱いされてものすごく険悪な感じ(笑)



「このキツネっ!」

「ボク?おうちは何処?お兄ちゃんが送ってあげるよ」


ハクレンはキツネですかФ
この小学生とキツネ、なかなか程よい程度なんじゃ?(≧m≦)ぷっ!



その時、ハクレンが軍学校時代のシュリとソックリなのに気付く
代々、軍事や政治家を多く排出してきたオーク家出身のハクレンが何故ここに?


「ある人に会う為だ」



2人はこんな感じなのに、何故かブルピャはハクレンに懐いている
これって将来ハクレンがテイトの親友になりそう・・・って事?
今の2人じゃ考えられないけど


ブルピャを求めてハクレンを探すテイト
やっと見つけた彼を追いかけると、まさにバスティン大司教補佐が苦痛を与える事なくコールを取り除いてしまうところを見せているところだった。


テイトが攻撃系ザイフォンなら
バスティン大司教補佐はヒーリング系ザイフォンの使い手


しかし、力が強い=バクルスを扱えるというわけではなく、結局テイトには修行の日々が続く模様です(笑)



やっとブルピャを取り戻したテイトだったが



「おまえ、俺と友達になりたいんだろう。
ガキだな、素直にそう言えばよいものを」


「勘違いするんじゃねえ!!!」



夜の街、取引をしていた男のもとにやってきたあの男


「魂をくれ!」


顔が崩れ、魂を求めて襲い掛かってくる男
すると扉が開き、そこにいたのはフラウ


「無に帰れ」


大鎌を出し即座に殺すフラウ
殺した際に手についた血をぺロリと舐め


「おまえら、人として生きるありがたみを知れよ」



ひょおぉぉぉぉ〜〜〜〜〜a
これが闇のお仕事での顔なんでしょうか?
フラウと似て非なる人だと思いたい程でしたーーっ!!



その頃テイトは試験塔へと移っていました。
試験を受ける者は全員ここで試験に備えて準備をするんだそうで。

さして相部屋
その相手は・・・・・・ハクレンかあぁぁぁーーーーっ!(お約束・・?/爆爆爆)


しかし、一見全く気が合わないっぽいこの2人だが、


teito&hakuren2.JPG



「変えてください!」

「変えてください!」



おーーー!見事なハーモニー(爆)
しかし、これからルームメイトは常にペアで行動しなくちゃならない決まり。
これからこの2人上手くやっていけるんでしょうか?


バクルスに血の痕が残っているのに気付くテイト
それは今までこのバクルスを持った者たちの努力の痕。

早速、訓練を受けに部屋を出る2人
入り口には元罪人のアルド
サインをして先の部屋に進もうとした2人の前で突然苦しみ出すアルト


サッと肩を貸そうとするテイトと同時に肩を貸していたハクレン
あれ?やっぱりなんだかんだいってもしかしてものすごく息がピッタリなんじゃない?
何かきっかけがあればテイトの新たな親友になれそうですよ



「カストル、聞いた?門番のアルドの事」

「ええ。あまりに不可解ですね」

「花たちがまた怯え始めてる」





そしてテイト達は結界の間に
そこで改めてテイトは自分が持つバクルスと皆のそれの形が違う事に気付く


結界の間―――そこは水の結界こそあれ、相手は本物のコール



「おいで さあ願いを」


結界に触れた途端コールに引きずられそうになるテイト


「ま、お子様は下がっているといい」


hakuren.JPG


テイトと同じ攻撃系のハクレン
そして百発百中☆


「放つ思いがおまえと違う」


そう言われてザイフォンは文字の形をしている=自分の気持ちそのものだと気付くテイト
軍にいた頃のやり方が抜けていなかったのだ
殺戮が目的ではないこのバクルスが上手く扱える筈が無かったのだ。


「思いを込めて放ってみよう
もう二度と大切な者を失わない為に」



するとバクルスに変化が見られた
しかし最初は不発(苦笑)

他の生徒の話で、テイトが持つバクルスは上級バクルスとわかりましたー!
だから形が違うんですね。


ハクレンもバカにするのかと思いきや


「大丈夫だ!気持ちを合わせれば必ず応えてくれる」


おっ!バカにしない
しかもかなりマジ
これは先ほどのバクルスの反応に何か感じたか?


「さ、もう一度やってごらん?
さあ、神に仕える気持ちでそれを使って御覧なさい」



そう声をかけたのはバスティン大司教補佐


「神様がどんなものかわからないけれど、俺の気持ちを支えてくれるのが神様なら
おまえを思うよ ミカゲっ!」



すると今度は発動☆
しかし、今度は天井を突き破ってしまった


「それはフラウ司教のですね」


このバクルスの持ち主はフラウだった!
しかし、バスティン大司教補佐はその事よりもバクルスの許容量を上回る力を発動したテイトに驚いていました



「答えろ!おまえはフラウ司教のなんなんだ!」

(嫁です/ボソッ ヾ(ーー ) オイッ)


どうやらハクレンが会いたいと思っていた相手とはフラウの事だったようですね。

そしてハクレンから聞いて知るフラウの輝かしき記録(二次試験の最高得点保持者)


furau7.JPG


えっとこれはハクレンヴィジョン?Ф
まぁでも実技は得意そうだもんね!>フラウ




「ア〜ヤタン!また1人で楽しい事でも考えてるんでしょう♪
で、次どうするの?」



「次なる手は打ってある」


次なる手・・・アルドのもとに謎の人物がやってくる
シスターが見つけたもの・・それはアルドの死体だった



ayanami5.JPG


「よい夢を」






アヤナミ様、ジワリジワリとその時を待っている雰囲気ですね
しかし、今までの一連の行動にはどんな意味があるのでしょうか?
そしてバスティン大司教補佐まで目を見張るテイトの力
でも、その力のおかげで少しハクレンとの距離が縮まった?


今回フラウ、アヤナミ様共に2シーンのみと悲しい限り
しかもフラウ恐かったし
そして予告を見るとまたまた恐い表情+テイトを押し倒してましたね

テイトに拒まれたんでしょうか?
優しくベッドに押し倒して・・・ゲホゲホッ



しかし、今回より本格的にハクレン君参戦でまた今までとは違う面白さが出てきました!
これからの2人のゆくえとバクルスを使った訓練
そしてフラウとの関係
アヤナミ様がフラウを手に入れる為(違っ)次は何を仕掛けてくるのか?
気になります









 CD+DVD【緋色のカケラ】09/7/29発売


 CD【瞳のこたえ】09/7/29発売



07-GHOST 第11話「愛しき者への償いは・・・」




まずはやっぱりアヤタン&ヒュウガのコンビによるDVDのCMがイイ!!!
特にヒュウガ役の浜田さん♪
またアヤナミ様のナルちゃん発言☆
やはり速水さんの声はナルシストなキャラに合ってるぅぅぅ〜♪
とにかくCMが流れている間ずっと笑ってました





さて本編ですが、
教会で働き始めたテイト


burupya.JPG


フラウの頭の上にちょこんと乗ってるのが可愛い〜〜?????


しかし、一息つくとどうしてもミカゲを思い出し暗い表情
復讐も許されず、どうやって償えばいいのか答えが出ないのだ

そんなテイトに話しかけてきたのはカストルとフラウ
テイトに提案があると


「私たちがあなたの復讐のお手伝いをしようと思ってやってきたんですよ!」


おおーー!またのっけから黒カストルーーー!(笑)


「テイト君、貴方司教試験受けてみませんか?」


司教試験に合格すると、ありとあらゆる宿泊施設に無料で泊まれるフリーパスが貰えるらしい(いいなぁ〜/ボソッ)
しかも、帝国の検閲にもあわない


「試験は1ヶ月後 貴方にとって悪い話ではないと思いますが?」


フラウは慌てて止めようとしますが、どうやらカストルには何か考えがあるようで・・・



kasutoru.JPG


カストル黒いよぉーーー!Фアハハッ



復讐の為には入念な準備が必要と唆すカストル


「わかった。その試験受けさせてくれ」


shiken.JPG



な、何?この本の山?!(なんかちょっと予想は出来てたけど)
ああー!私が試験を受けるんじゃなくて心底よかったと思いましたよ(爆)


これを半月で覚えろと言うカストルに対し、3年かかった!と言うフラウ


「それは貴方がバカだからですよ!」

キッツーーーイ!Ф



しかし、何故かテイトは読んだような記憶があると。
しかも、カストルの出題にスラスラと答えが出てくる


furau5.JPG

フラウっ!「コイツ、デキる!」なんて呟いてるトコじゃないよ!(≧m≦)ぷっ!

子守唄のように自然と浮かぶというテイト。
以前、教会の景色を懐かしんだり・・テイトは以前ここに住んでいた事がある・・・とか?





そんなテイトに次に出された課題はザイフォンを使った法術=コール退治
カストルやフラウが武器として持つバクルスを媒体に攻撃すればコールを消滅させる事が出来るのだ。
だから、今までのザイフォンの攻撃はコールに効かなかったが、これを取得出来ればテイトにもコールを消滅させる事が出来る。
しかも、バクルスを扱えるようになると年齢も経験も問わずで闇専門の司教になれるという飛び級システムがある
だから、年も若く信者でもないテイトが司教になるにはどうしてもこれを使いこなせるようにならねばならないのだ。



furau&teito.JPG


「おまえに神のご加護を」


今回の個人的ベストショットはこれかな〜?(えへへ)
とにかくものすっごくフラウのテイトに対する大人な愛を感じましたー!!!




早速開始☆
しかし、学校でも習ったテイトだったが、大量生産の学校の武器とは違い、どうやらちょっとこのバクルスにはクセがあるようで、3時間やっても全く進歩がない


って3時間ずっとテイトを見つめていたのーーーー?
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー(勘違い)


「貴方も暇ですね」


もう一々楽しいです!ブラックカストルとフラウのやり取り (* ̄m ̄) ププッ


その間、相変わらずテイトを狙って潜り込んでいたコールを捉えたカストルが自分の作った人形の中にコールを入れ、呪文でリミッターをかけたものをテイトの修行の相手にする

しかしその人形ーーーー!!!(爆)
どっから見てもフラウ


doll.JPG

しかし、なんかこの人形、どうにもキョンシーに見えてしかたないんですけど?(笑)


「ねぇ〜野放しにすると危険そうでしょ?」

あははっ!カストルったら




そして人形は放たれた・・・・って何?!この素早さ
しかも声も諏訪部さん?(笑)
なんか違う意味ですごい人形なんですけど


自分らが傍にいては依頼心が芽生えるとその場を離れるカストルとフラウでしたが、
2人がいなくなった途端、( ̄ー ̄)ニヤリと笑う人形



そこへ通りかかったロザリー達

しかし、さすがカストルお手製!
彼女たちにはフラウに見えるらしい
しかし、いつもと様子が違うから「ただの変態」「じゃあ、やっぱりフラウ司教なんじゃないの?」
いったい普段のフラウってどんな人?(爆爆爆)



そんなロザリー達に飛び掛ろうとする人形
それを見たテイトが怒りに任せてバクルスで攻撃
いったん静かになった人形でしたが、逆にリミッターがはずれコールになってしまう。

しかし今度は攻撃が出ない☆

とうとう追いかけっこが始まってしまいました
(ってブルピュったら人形でもコールでも似てりゃフラウの頭の上に乗るんかい!ヾ(ーー ) オイッ)



それを助けてくれたのはラブラドール
お茶を振舞ってくれるラブ。
それは甘くて美味しくて。
でも、甘いと感じるのは心が傷付いている人だけ
見抜かれてるラブラドールに心をさらけ出すテイト

家族が人質になりながらテイトを帝国に売り渡さなかったミカゲ
そんなミカゲの苦悩に気付いてやれなかったテイト
ただただ守られてきたテイト

「復讐は何も生み出さない」


そんなミカゲに償いたいのにそのミカゲはいなくて
でも復讐は許されなくて


「ミカゲ君は最初から許していたよ」

「それじゃダメなんです!俺は罰を受けなくてはならない」

「君を愛していたから」

だからテイトの人生が終わりになってしまうような事(帝国軍に渡す事)は出来なかったんだと諭すラブ

偽りの中で唯一真の宝物(=ミカゲ)
そんな彼がくれた人生をどう生きたらいいのか?

そんな中思い出すのは父の言葉


「許されなくてもいい!本当の世界を使命を結末をコイツに見せなきゃいけないんだ!
それが俺の償いだ!」



すると突然発動するミカエルの瞳


「迎えが来たようですね、テイト君
ここが君のスタート地点です」


「ふっ しかしまずは司教試験にパスしなくちゃな」




3人が3様のやり方でテイト君を見守ってる感じがとても出ている回でした。
一番わかりやすいのはやっぱり夫(笑)・フラウですね
一番伝わりにくいのはカストルかもしれませんが。
相談役がラブちゃんってとこでしょうか?

でも、ちゃんとテイトに考える時間をあげて、心の整理をさせて、そして答えを出させた。
そしてそれに反応するミカエルの瞳
これからが本当のテイトの償いに通じる道になるってとこでしょうか。

それにしても偶然バクルスで攻撃できたテイトでしたが、まだまだ本当に偶然って感じで。
こちらの修行はまだまだ続けなくてはダメそうですね(^^ゞ




まずは司教試験  その前に



教会内でテイトはミカゲを見る
慌てて追いかけたその人物はミカゲではなくハクレン

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
ハクレン君出てきましたっ!!!


teito&hakuren.JPG

「ふっ 美しさって罪だな」

ぎゃぼーー!またじゅんじゅんってこんな役かぁーーー!(笑)


「俺のバカ!ヤバイ奴に声掛けちまった・・・」


そんなテイトの襟に試験を受ける証が付いているのに気付いたハクレン


「おまえ、俺のライバルだ」




さぁ、いよいよテイトが司教試験を受ける事にし、ハクレン坊ちゃんが登場しましたよ(笑)
しかしそうなるとこの作品って1クールじゃなかったって事ですよね?
てっきりストックの無い作品なので1クールかと思ってましたが
それともこの展開で1クール?(笑)

まぁこれからは新メンバーハクレンを交えてどんな展開になるのか?
楽しみに次回を見たいと思います。






バナーキャンペーンに参加しちゃいました♪

07-GHOST(8)最新刊好評発売中






 07-GHOST Kapitel.1 [CD付初回限定版]



07-GHOST 第10話「それはただひとつの償い」





教会を出る決意をしたテイト
しかしそれは本当にミカゲの為?
それとも現実から逃げる為?

そしてそんなテイトの07-GHOSTの記憶を消そうとするカストルだったが・・・






ミカゲのお葬式??
風で舞い上がる花びらの美しさがますます悲しみを誘います。



「花達も泣いている」

「テイト君の心は今とても脆い」




「このままじゃいられない
アイツを許しちゃいけない
俺はあの目を知っている あの容赦ない冷徹な目を

殺してやるっ!





テイトの能力が開花し始めている事をミロクに報告するアヤナミ
それではますますアヤナミに任すしかないだろうと言うミロク


「まさか貴方が本物のミカエルを隠していたとは」


軍の誰にも秘密にしていた事
軍のおもちゃなどにする気は初めから無いと。
アヤナミには覚醒の兆しが見えたら話すつもりでいたらしい。

だからこの事実を知るのはミロクとアヤナミのみ。


「お言葉ですが・・・
あのラグスの子供はいずれこの帝国の脅威になる
今のうちに殺すべきです」



teito2.JPG



それはやはりミカエルだけでなく07-GHOST達が傍にいるから・・という意味でしょうか?
なんかこの図、すごくテイトを守ってるように見えませんか〜?


だからテイトは殺してミカエルの瞳のみ奪還しようとアヤナミは目論んでいるようです。


「構わんよ ただ君はきっとあの子を殺すのが惜しくなる」


テイトの何がそう言わせる魅力なのか?
まだまだアヤナミは知らないミロクだけが知っているテイトの秘密があるようです。





ここを出て行く事にしたテイト
すれ違ったカストルに礼を言って頭を下げる
そんなテイトにカストルは問う



「あなたはゼヘルという死神をご覧になりましたか?」


「・・・あれはフラウだった
そして多分・・・貴方からも同じにおいがする」



「ご名答ですよ」



やはりカストルも07-GHOSTの1人


ミカエルの候補生の子供が1人が脱走したという情報を掴んでいたカストル
テイトがその子供だろうと察し、自分らの正体が外部に漏れるのを防ぐためにテイトを眠らせ、テイトの記憶を消そうとします。




その頃アヤナミは自分の部隊を率いて本格的にテイト奪還に乗り出しました。




手をかざし、テイトの記憶をまさに消そうとした時、それを止めたのはフラウ

ゼヘルの記憶を消すと、最後に見せたミカゲの笑顔も消えてしまうから
これ以上テイトから奪えないからと。

しかし、軍は現在探しているミカエルの瞳が見つかった時の器にするために優秀な子供をストックしているらしい
テイトもその中の1人だろうと

しかし、そう話しても賛成しないフラウ


「これ以上関わるのはお止めなさい
07-GHOSTの本職はコール退治ではありません。
私たちの正体を知ったらテイト君はどんな顔をするでしょうね」


テイトの記憶を消していないのを上に知られたら07-GHOSTの資格を剥奪されてしまう。
そして現在、フェアローレンの鎌を扱えるのはフラウだけ。
そして押さえ込むには07-GHOSTの力が必要なのだ。
結局テイトにも何かしら処罰が下るだろうというカストルの言葉に「勝手にしろ」と言い退室しようとする。


うーん・・これはテイトから自分の記憶がなくなるのは嫌・・・とか?( ̄ー ̄)ニヤリ>フラウ




その時!!!


突然、フラウの意思無く勝手にフェアローレンの鎌が暴走を始める
慌てるフラウとカストル

するとテイトに異変が



「無礼者め
我が主に刃を向けるとは
貴様はいったい何のつもりだ」



するとおとなしくフラウの腕に戻るフェアローレン


「誰だてめぇ!」

不遜な態度にフラウは怒るが
赤い石 それを見てミカエルの瞳とわかったカストル


「愚問だな
見ろ!我が主は歴代の中でも一二を争う美しい器なのだ。素晴らしいだろう」



teito3.JPG


なんだろう?この得意満面な顔はっ!Ф
でもそうなんだ〜。
あまりに周りがみんな美形だからテイトが美形ってあんまり意識していなかったよФ

すると気絶しているブルピャを受け取り、カストルの「似て非なる石があまた存在すると聞きますが」という言葉に答えるように幻覚を見せるミカエルの瞳。


「神に直接問うか?愚か者」




それにはさすがのカストルやフラウも言葉も失ってしまいます。
そればかりか2人が07-GHOSTだと見抜かれてしまいます。



「カルマの渦には逆らえないかな?」


挑戦的な言葉と視線を送る




すると突然ミカエルの瞳はカストルの方に駆け寄り、カストルが先ほど口にした何とかして首輪も外しましょうという言葉を聞いていたらしく外せと迫ります
力が全然出ないからと。

全力が出せずにこの力
いったい力が解放されたらどれだけ強いのか?


「首輪を外すには軍のスクラー管理局にあなたの身を預けなくてはなりません」


・・・ってカストルめっさ顔が恐いよa
しかし、さすがのミカエルの瞳もこの首輪には逆らえないらしい



「ほぉ〜逆らえないんだ」


furau&kasutoru.JPG

フラウのこの嬉しそうな顔ったら (* ̄m ̄) ププッ


「実はその首輪には<縛><睡><痛>すなわち束縛、睡眠、苦痛の機能が付いているんですよ!」


な、な、なんとやっかいな機能を備えてるんだ(笑)
するとそれを知ったフラウがいきなり拘束して催眠術でミカエルの瞳を眠らせてしまいました
・・・って催眠術なんかでパッと眠ってしまうようなヤツなんかいっ!ヾ(ーー ) オイッ



ミカエルの瞳の器どころかテイトの身に宿しているのを知ったカストルとフラウはどうしてここまで執拗にテイトが軍に追いかけられているのかを理解します。

ここにミカエルの瞳を持つテイトが導かれてやってきたのだとすると
テイトは守護天使になるのか?それとも闇の天使になるのか?



テイトより先に目覚めたのはブルピュ(笑)
フラウの髪の毛をガシガシ咬んでるのが可愛い〜〜〜?????
ってか、フラウも何も言わないのね!

そしてやっと目覚めた・・テイト(笑)
テイトはミカエルの瞳が発動中の出来事は乗っ取られてしまってるのか?全く覚えていないようですね。




そしてやはり教会を出て行こうとするテイト
皆に引き止められても礼を言うだけで気持ちは変わらない


「アイツは俺の為に死んだんだ」


今度は自分が命を落としてでもミカゲの仇をとると

しかしフラウの


「ミカゲが助けた命はそんな軽いものか?来いっ!」


furau4.JPG



連れて行かれた場所それはミカゲが死んだ場所
そしてそこに残されたザイフォンのあと。
それをよく見ろと


「ミカゲの最期の言葉だ」


それに気付いた時、テイトにはハッキリとミカゲの声が聞こえた


『俺たちはずっと最高のダチだ
ごめんな、テイト
おまえは生きろ!』


最後までテイトを思ってくれたミカゲ



「おまえが死にたいのはミカゲの為じゃねえ!
おまえが抱えているあらゆる感情を捨てて楽になりたいからだ

テイト、生きる事から逃げるな!苦しくても生きろ!
助けてもらった命を守る事が死んだミカゲに対する償いだ」



「生きてるだけでどうやって償いになるんだ」

「自分で考えろ」


『テイト、大好きだ』


「ミカゲ
ミカゲミカゲェェェーーーーー!!!」



ミカゲの気持ちに、そしてどうやれば償えるのか?と号泣し始めるテイト








ブルピャが生まれ変わりとしてテイトの元に来てくれたといってもテイトの心に深く残るのは友を救えなかった事
苦しめてしまった事


死んで尚テイトへの友情を示してくれるミカゲに
一見、友の敵討ちにというのはアリな話ですが、まだまだ何もかもが未熟なテイトに敵の存在は大き過ぎる
その判断が怒りによって鈍ってしまってるテイトに最後のフラウの言葉はかなりキましたっ!


本当に回を追うごとにフラウがメチャメチャかっこよくなってて困っちゃう〜?


フラウ!もうミカゲはいないんだから!夫婦水入らずで頑張って下さい!Ф



それにしても驚いたのは情報を外に漏らさない為にテイトのここに来てからの記憶全てを消そうとしたカストル
もちろん、それだけ重要な秘密なわけですけど・・・

アヤナミが送り込んだコールをとおして既にアヤナミに結構バレてませんかね?


それ以上に誰かツッこめ!と思ったのは首輪の契約による48時間以上フラウとテイトは離れられない事!
カストルもこの事言えばもっと穏便に話は進みませんでしたか?(苦笑)



まぁ、細かな事はこれくらいにしましょうか。
そろそろ・・・ハクレン君は出てくるのかな〜?














07-GHOST 第9話「魂の色は永遠に…」





テイトの目覚め

ミカゲの願い






「私に首輪を付けたのは貴様か」



何かが目覚めたテイト



「間に合ってくれっ!」


死神姿のフラウは必死にテイトの元へと急ぐが・・・





「これを外せ!外せと言っているっ!」



アヤナミに支配されているミカゲに飛び掛っていくそのテイトの様子は今までのテイトとは別人のよう。
しかし、力は制御装置で存分には使えないようで、やや暴走気味(?)



「殺さないまでもこのままでは危険か」

制御装置でも封じ込めないテイトの力に首を締め上げるミカゲ
しかしそれを止めたのはフラウ



「おまえか!クソガキのダチを奪った奴は」



今度はフラウとミカゲの激しい戦い
しかしなんとミカゲ・・いや、アヤナミはフラウのその姿を見て誰だかわかって様子


「サンクスチュアリの中でずいぶん派手に遊んでくれるじゃねえか」


「傲慢なところは相変わらずだなゼヘル」


その名を聞いて以前教えて貰った07-GHOSTの1人の名がゼヘルだったと思い出すテイト。


「貴様に神のご加護を」


更にこの言葉でゼヘル=フラウとわかったテイトはまだ生きている筈のミカゲを助けてくれと縋って頼む
しかし現実はミカゲの魂は翼に食われ始めていた


「テイト・クライン、彼は声を上げずに泣いている 苦しくて悲しくて
彼の魂は永遠に救われずに絶望の淵を彷徨う事になる
言った筈だ、貴様は手ぬるいと」



そして大鎌は使えないと戦いあぐねるフラウの気持ちを察したかのように自らその鎌でミカゲの身体を傷付けるアヤナミ


「私が憎ければ我が帝国軍に復讐に来いテイト・クライン」


この時ハッキリとミカゲの身体の向こうにアヤナミを見るテイト


「ゼヘル、あの鎌は元気かい?
あれはいつか私の元に戻る運命。それまで丁重に扱うがいい」



フラウが持つ鎌を知っていて、元はアヤナミの持ち物???
一番最初にテイトが遭遇したコールが言っていた「あの方」とアヤナミは関係あり?
だからコールを作り出せる?



「まさかおまえは!?」


この事でアヤナミの正体をフラウもわかったようだ。





やっとアヤナミから解放されたミカゲ
いつもの優しい笑顔に戻る
しかし足元からミカゲの身体は消え始めていて
必死に駆け寄るテイト



「誓ったんだ!死ぬ時は一緒だって!」


teito&mikage.JPG




無数の羽が舞い上がっていく
その中で必死に伸ばされるテイトの指
そしてミカゲの胸に飛び込んでいくテイト

やっと取り戻せたと思えたミカゲの微笑み
しかしもう一度テイトに微笑み返してくれた次の瞬間、ミカゲの姿は無数の羽の中に消えた




「なるほど、正真正銘のミカエルの瞳とはな
ミロク様がわざわざこの私を向かわせるわけだ」



しかしそう呟くアヤナミの顔にミカゲの身体を通して尚付いた傷が。
(すぐに治せちゃったけど)
そしてテイトの中にミカエルの瞳があると理解した上でアヤナミを向かわせたらしいミロク
ますます彼の正体が気になるところです。




あああっ!
またもフラウの姫抱っこタイムっ?



その腕の中でミカゲがどうして自分の唯一のダチになったのかを話し出すテイト
それを黙って聞いてやりベッドに運んでやるフラウ


しかし気になるのは学校時代にミカゲにも黙ってテイトがしていた事
戦闘用スクラーとしての任務って辺りですかね?




「いつでもミカゲの言葉は心に染みる
ミカゲは俺の光だったんだ




teito.JPG


ミカゲの服を抱きしめるテイトの姿が痛々しいです??


それを見て黙って出て行くフラウ


それ以来、誰が声をかけても返事もなく食事も取らない天岩戸状態になってしまったテイトの部屋



「それにしても何故試練の部屋を守る彼女達はテイト君を侵入者と見なしたんでしょう?」


それは私も先週の回を見ていて私も感じた事。
テイトにはどうやらまだまだ秘密が隠されているようですね


「どいたどいたぁーーー!
邪魔するぜぇ〜クソガキぃー!!!」



furau2.JPG


突然現れ、扉を蹴破って進入してくるフラウ(笑)・・・とピンクの生き物



あれからちっとも立ち直れていないテイト
ミカゲを救ってくれなかった神様なんか信じない!と
いや、神様じゃなく自分がダチの誓いなんかしてしまったからと自分を責めるテイト


「おまえが悪いんじゃねえよ」



優しくテイトの頭に手を置くフラウ


furau3.JPG


今回の私の中のベストショットはここでした!
この憎いまでのフラウのぶっきらぼうな優しさが伝わってくるシーン大好きです☆



そしてフラウが話す話はかつてカストルから聞かされた天空の長との3つの約束の話


「ミカゲの3つめの夢はきっと大切な奴を命がけで守りたい」

だからきっと3つ全ての願いをかなえて魂は長の御許に戻ったんだと



「そんなの残された人間の奇麗事だっ!」

「そうかもな。でももうアイツはおまえの近くで見守ってるんだぜ」


頑ななテイトの前に現れたのは先ほどのピンクの生き物
ハッとしたように見てみるとミカゲと同じ傷がある


puru.JPG


フラウ曰く、願いを果たした魂はまた転生してくるのだと
そしてテイトが部屋に閉じこもっている間にフラウが必死にミカゲを探してくれていたのだ


ミカゲと同じ魂の色を持つその子
そしてちゃんと広い世界の中でテイトを求めて帰ってきたミカゲ


mikage.JPG


私はミカゲが消滅するシーン以上にこっちで泣きました!




しかしここでやはり気になるのはアヤナミの正体とテイトの首のモノ


「誓いの首輪」


「ちなみに2人が48時間以上離れているとその首輪が爆発するんだ〜♪?


何?だから何?そのラブちゃんの嬉しそうなキラキラ〜なお顔は!!!(爆)

しかし、いつどのタイミングで血の契約をしたの?
教えてっ!お花さんっ!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)


しかし、ミョーな事で主従関係になってしまったフラウとテイト
そんなフラウにやきもち焼いて噛み付くピンクミカゲ略してピンカゲ?(≧m≦)ぷっ!が可愛いです?????



「そうか・・・生まれ変わっても親友を守りたいってか」


ミカゲにとって容姿は関係ない
ただテイトの傍でテイトを守りたい!
それが今の彼の唯一無二の願いだったのかもしれませんね。

テイトの涙とそれ以上に嬉しそうな表情をフラウに向けるミカゲにテイトだけじゃなく見ているこちら側もホッとしたような気がしました。


それにしてもブルピュ・ミカゲがあまりに可愛くて可愛くて♪
癒される〜〜〜〜♪







とうとうタオル持参の号泣回になってしまいました

ミカゲが消えてしまう直前の「テイト、ミカゲの胸にダイブ」シーンは
一瞬サービスシーンや!とウハウハしかけましたが、
やはりシーンがシーンのせいか、その時はあまり騒がず(爆)
騒ぐのは姫抱っこシーンまで我慢しました!(え?/爆)


今までももちろんかっこよかったんですけど、
その中でも今回のフラウは私の中では特別だったかな
あまりにどのシーンもかっこよ過ぎて困りました!(あははっ)

それと、冒頭いきなりのテイトとミカゲの戦いからバトンタッチしてフラウとミカゲの戦いという一連の戦闘シーンの美しい事?


戦いのシーンも泣かせるシーンも笑わすシーンもとにかく手抜きなく、本当にこのアニメを作っているとこのスタッフの心意気が私は大好きです!!!



しかし、日曜にミカゲの中の人を見てきて、
再来週はフラウの中の人が見れる予定で、
来月はアヤナミ様の中の人が見れる予定なのです!

それを考えるだけで今回はいつも以上に幸せを感じながらの視聴になりましたわぁ〜?????






 07−GHOST(08)


CD 鈴希ゆき / 緋色のカケラ DVD付 アニメ「07-GHOST」OPテーマ《予約商品07月発売》


CD Noria / 瞳のこたえ DVD付《予約商品07月発売》



07-GHOST 第8話「半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす」





「大好きだ、テイト」



突然ミカゲを襲った変化
テイトを傷付けたくないミカゲと助けたいテイト
そしてテイトもまた変化が訪れる






このままではいられないけれど、今の幸せをかみ締める様に花を見つめるテイトとミカゲ


冒頭のテイトのナレーションがもう思いっきり「これから何かありますよぉー!」な雰囲気プンプン
最初から泣かそうとしないでーーー!!!??



軽口をたたきつつ戯れる2人
それを見つめるカストルとラブラドール、フラウ


「一見穏やかな時間のようですが不安を感じているのは私だけではないようですね」

「花達も嘆いている」

「静か過ぎる・・まるで嵐の前みたいだ」



3人の言葉を裏付けるように空まで黒い雲に覆われていきます



手を差し出すミカゲと当然のようにその手を取る2人
しかし、その手を取った時、手の冷たさに違和感を覚えるテイトとそれを指摘されてうろたえるミカゲ



「胸騒ぎがする」

「彼は今半分しかない」

「魂が半分の状態でとどまっています」

「でも彼はもうすぐ全て無くなる」



過去にもこんな例は無かったというラブラドール
本当にミカゲを救う手はないのか?!

・・・って魂が半分って何???



「どうしちまったんだ?もう少しでテイトに掴み掛かるところだった」

ミカゲも感じる自身の変化に


ひと時もテイトとミカゲから目を離せない非常事態に運の悪い事にミサと重なってしまった。
聖職者である3人はお勤めを優先させる



「いいかい、テイト
このミカエルの瞳こそがラグス王国の歴史
おまえがその先を継いでいくのだよ」



父の言葉を思い出しながら右手の甲を撫でるテイト

「きっとこのままではいられない。俺がラグス王国の後継者である限り」



その頃、激痛に苦しんでいたミカゲ
その頭の中にアヤナミの声が響く


「おまえの手でテイト・クラインの人生を終わらせるんだ」

「そんな事出来るかっ!」

「私を裏切るつもりか?」

「俺は誰も裏切りたくなーーい!」


懸命にアヤナミの言葉に抗うミカゲ
そこに駆けつけ、心配そうに近寄ろうとするテイトを拒絶するミカゲ


「ごめんな、テイト 情けない親友で」


自分はアヤナミに操られていると
今は抑えているが時期に抗えなくなる


「最後の頼みだ 俺を殺してくれ!」


自分が自分であるうちに
テイトを傷付けてしまう前に
殺せないなら行ってくれ・・と懇願するミカゲ


「君に選択権をやろう
家族かテイトか
どちらか好きな方をつれて私のところに来い
どちらも選ばなければおまえは死ぬ」



ミカゲの中で本人とアヤナミに操られたミカゲが戦っていた
しかし、ミカゲ本人の魂は少しずつ侵食されようとしていた


「テイト、おまえに会えたおかげでいつも胸があったかくて幸せだった
大好きだ テイト」




この言葉を最後にとうとうアヤナミの支配に堕ちてしまうミカゲ



「さよならだ テイト」



ザイフォンで攻撃を始めるミカゲ
テイトを庇ったドールが壊される
それによって西の塔で何かが起こっている事を知るカストル


防戦いっぽうのテイト
しかたなく立ち入り禁止の部屋に強引に入る


「鬼ごっこは終わりだ テイト・クライン」


先回りしていたミカゲ
そして突然閉まる扉

危険分子と見なされたのか?隔離されてしまったのだ


ミサの中、全員で動くわけにはいかないとフラウが代表でテイト救出に向かう

・・・が、いつもの姿ではなくBパートに入る直前に映る不気味な方の姿に(笑)



「彼らに神のご加護を」



とうとうミカゲの背からコールと同じ翼が生える
しかし、今までのコールと違うのは片翼

ミカゲの身体を使ってここまで入り込んだアヤナミ
制御装置をつけて軍に帰れと。
殺しはしない。
それはミロクの命令だからと。


すると突然床が抜けてテイトは水底へと沈んでいきます
思い出すのは人のいい一番の友達(ダチ)の姿ばかり


「ミカゲを助けるんだ!」


コートを外し、全面戦闘状態に入るテイト
しかしあまりにもアヤナミは強すぎた
しかも、今までのコールのように翼を砕いても助ける事は出来ない!
というより、翼をすり抜けてしまい砕けない

しかも、翼を砕くと即刻ミカゲは死んでしまうのだ

最後の手段も奪われ捕まってしまうテイト


「そういえば先日面白い話をしていたな
おまえはラグス国王の息子とか
ラグス国王などに息子などいなかった筈だが?

力無き正義などただの飾りだ」



「それでも俺はミカゲを見捨てたりしない
俺たちは誓ったんだ!



しかしそんなテイトにアヤナミはもうミカゲの魂は戻らないと絶望的一言を吐く



魂の状態(?/それとも不気味な状態?/爆)で探し回るフラウだったが、
そんなフラウに突然何人もの・・・これは何?どう見ても足が無いので・・・死人?(爆)

どうやらただならぬものを感じた彼女らが2人を閉じ込めたようだ。


「奴らは侵入者じゃねえ!ただのくそガキだ!
奴らの命がかかってんだ、そこを通せ!」



なんか彼女達に思いっきりイジられてるんですけど?(爆)>フラウ



首に制御装置を付けられてしまったテイト
すると今までテイトに付けられていた手枷足枷が外れる
ミカゲを助けたいのにザイフォンも使えなくされて絶体絶命のテイト



その時、見知らぬ場所にいるテイト
見ると幼い時から今までの自分がすぐ横を駆け抜けていってしまう。
その先には今の自分を象徴するような動かない自分


「ミカゲは命がけで俺を守ったんだ!
死ぬ時は一緒って誓ったんだ!諦めてたまるかっ!!!」



叫び岩を蹴ると縛り付けられて身動き出来ない自分が動き出し、テイトと一体になった
すると入れ替わりに何やらテイトの味方らしきものがテイトの前で跪いた

それはミカエルだった


「迎えがきた。テイト君が目覚める」


そして倒れているテイトにポタッポタッと落ちる雫 それは涙だった
アヤナミに支配されても尚ミカゲの気持ちが流させたのか?


すると制御装置が激しく反応し、ミカエルの瞳が発動。
するとテイトの身体が宙に浮きカッと目を開く


「私に首輪を付けたのは貴様か?」

「まさか・・・そんな筈はない」


テイトの目が赤く妖しく光る







とうとう辛い展開になってしまいました。
しかし、スッキリ1話で終わらす気はなかったみたいですねФアハハッ



アヤナミに支配されてしまったミカゲ
そんなミカゲをどうしても助けたいテイト
しかし、今の状態のテイトではアヤナミに勝つどころか動きにも追いつけない有様。
それでもどうしても親友を取り戻したい・・・そんな気持ちに応えたんでしょうか?
手の甲の玉だけでなくミカエルそのものがテイトの意識の中に出てきました!!!


テイトはミカゲを救えるのか?
フラウは間に合うんでしょうか?


次回こそティッシュ?いや、ハンカチ?いやタオルの用意は忘れずに・・・でしょうか?
教えて、お花さん♪







 07-GHOST Kapitel.1 [CD付初回限定版]


 アニメ系CD ドラマCD 07-GHOST[THE LOVE LETTER WHICH GOD RECEIVES]


【送料無料選択可!】緋色のカケラ [CD+DVD] / 鈴希ゆき


【送料無料選択可!】瞳のこたえ [CD+DVD] / Noria




07-GHOST 第7話「翼に喰われた魂は愛しい我子の夢を見る?」



「テイトか家族か・・・そろそろ決断して貰おうか」





バザー最終日
楽しそうな人々


それを憂い顔で眺めるミカゲ


「家族を危険に晒さないためには軍には戻らず死ぬしかないってことか
自分の意識がまだ確かなうちに教会を離れるべきか?
でもここで別れたらもう二度とテイトには会えねえ」




自分の意識がという事はやはりミカゲはアヤナミに何かされてる?
そしてやはりあの究極の選択はまだ続いてるという事ですね。



このバザーは戦いによって親を失った子供達を慰める意味もあるとテイトに教わるミカゲ
「家族」という言葉に敏感に反応するミカゲ


肉の種類を変えて店を出しているとフラウはテイトに教えて、ミカゲにはテイトから
・・・というのはやはりフラウにとってあくまでミカゲはテイトのおまけ?(≧m≦)ぷっ!




「最後の思い出を作るのもいいか・・・」



やはり家族もテイトも守るために死を選ぼうとしているのか?
そしてそんなミカゲを背後から見ているカストルのドール



ラゼットのオルガンに合わせて練り歩く山車
それを見つめるテイト達
そんな時、ミカゲは昔ピリピリと張り詰めた日々を過ごしていたテイトにとてもよく似た目をする少年を見つける


その少年・タジオがパンを盗んでしまう。
その場はフラウ達によって事なきを得、テイトとミカゲはタジオと知り合う。

父1人子1人の生活のタジオ
その父も生活の為に家を空けていて、1人で留守を守っていたのだ。
弱みは見せたくないし、その父親が帰ってきた時の為に教会に世話になるのも拒否するタジオ


タジオの言葉にミカゲがテイトと似ていると言った言葉を理解するテイト


「悲しい顔をしていたら負けだって思ってた」



そんな最中、突然テイト達の前にタジオの父親が現れる
やっと生活していけるだけの金が手に入ったからと。
そこで別れたテイト達とタジオ親子だったが・・・



『ミカゲ、家族かテイト・クラインか どちらを選ぶんだ?』


やっと父親と暮らせる生活が戻って帰っていくタジオを嬉しそうに見つめるミカゲにアヤナミの声が響く


『テイト・・・アヤナミに引き渡せば家族は助かる』



ayanami.JPG



ぎょわ〜〜〜〜〜〜
こ、この表情描いてみたい??




テイトはタジオに父に握手を求められた際に感じた冷たい手
これは何かあると直感したテイトはタジオ親子を追う。




その頃、ブラックホークのメンバーは命令された戦闘用スクラーのいる辺境地に到着。
今回のミッションはクロユリ。そして補佐というより見届け役?にハルセ


うーーーん、ちょっとずつ台詞はあるんだけどなぁ〜〜〜
ボソボソっと喋るキャラなのが残念だよっ!>ハルセ
もっと羽多野くんの声聞きたいーーー!ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ


当然ながら、いくら戦闘用とはいえクロユリに叶う筈もなく。





まるでテイトを誘導するようにそして強引にタジオの腕を引っ張り教会内を歩き回るタジオの父親の口端が上がる・・・



「おまえの魂を貰う!」



コール化するタジオの父
タジオをコールの攻撃から守ろうとしたその時、再びテイトの手の玉が光り、攻撃から守ってくれる


「なんなんだ?この間といい、今回といい・・」


しかし、続けて攻撃をしてくるコール



「貴様に神のご加護を」



カストルのドールによって知らされた事で駆けつけたフラウだった


furau.JPG


キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
こ、このフラウの表情

あ〜〜こういう表情を見ているとべーさん担当ってわかる気がするっ!(どんな解釈?/笑)




「なるほど、面白い」


「さっき奴を斬った時、何者かに見られてるような気がした
ゾッとするような冷てぇ視線をな」




とうとう、互いの存在を意識したフラウとアヤナミ
そしてアヤナミがミカゲに突きつける選択


『最後の一日がとんだ思い出作りだったぜ
あの少年を迷う事なく助けたテイト 俺の自慢の友達(ダチ)
いや、俺にとって家族同然の存在。たとえ俺の家族の為でも軍に売るような真似は出来ねえ』




「テイトか家族か・・・そろそろ決断して貰おうか」



ayanami3.JPG ayanami4.JPG



ミカゲはどうするのか?
またどうなってしまうのか?
予告でのミカゲの様子と表情がめっさ気になりますぅ〜〜〜〜〜a







アヤ×ミカも気になりますが(今回、アヤタンの言葉に支配されてるミカゲに萌えっ/爆)、
アヤタンとフラウの大人な関係にもハートを鷲掴みされましたがな〜(爆爆爆)

それと余計な事ですが、毎回とんでもなく長いタイトルですよねぇ〜
これって最終回までどんどんタイトルが長くなり続けるとか?(笑)
最終回にはタイトルの部分が字数制限に引っかかったりして (≧m≦)ぷっ!






 07-GHOST Kapitel.1 [CD付初回限定版]


 アニメ系CD ドラマCD 07-GHOST[THE LOVE LETTER WHICH GOD RECEIVES]


瞳のこたえ/Noria[CD+DVD]


【送料無料選択可!】緋色のカケラ [CD+DVD] / 鈴希ゆき



07-GHOST 第6話「光に通ずる正しき道は」




ミカゲの出現によって壊れ始めているテイトの世界
またもや教会内にコールが現れる!!



「誓っただろ?どんな時だっておまえを見捨てないって」


「さあ、テイト・クライン、おまえの力を見せてみろ」







ミカゲを放したのはアヤナミ単独の行動だったらしい。
成り行きを面白がるヒュウガ







今日はバザーの日。

シスター達だけではなくフラウ達も店を開いてます。
しかも皆さんお手製♪

(器用なんですねぇ/驚)


しかし、ラブちゃんの「お花さんの砂糖漬け」以外はあんまり欲しくないかも
特にフラウのはせめて元の生き物を見せないでぇーーーっaヒィィィ



しかし、テイトが気になるのはやはりミカゲのこれから。
ミカゲはいつでも軍に戻れるとかテイトはいなかったと報告すればなんとかなると言ってますが、見ているこちら側には違和感バリバリ





さて、呼び出されたブラックホークは戦闘用スクラー殲滅の命を受けます。
そして相変わらずミロク理事長はテイトの行方をネチネチと。


「ご心配は要りません」

「楽しみにしているよ」


なんかこの2人の含みのある会話が一番恐い気がするわ




洗礼


おおおーーーっ!
ラゼット、起用に人型になってオルガンを弾いていますよ♪




慌てて式場に入ろうとするフラウに自分がいなくなってもミカゲを頼む!と言うテイト

「俺もうアイツの重荷にはなりたくない!」

「そいつはお安い御用だが、アイツは自分で自分の道を決めるそういうヤツなんじゃないか?」

テイトがいなくなるって方はツッこまないのっ!!!




命令された地帯に向かうブラックホーク

「もっと面白そうな事がありそうなんだよねぇ
アヤタン、何をするつもりなんだろ?」



「さて、面白くなりそうだ」


aひょおぉぉ〜〜〜〜この冷たい視線がス・テ・キ?????
だけど恐いーー!!!





Bパート




教会の外で佇むミカゲ
その前を暴走する馬車


慌ててミカゲが近寄ると、中に妹を思い出させる少女が。

そしてよく見ると少女の胸にはコールの印が
少女を助けたくて洗礼を受けさせる為に彼女をおぶって駆け出すミカゲ。


「みんな何処かに行っちゃったの
みんな消えちゃったの
早くしないとまたみんな死んじゃう」



妹を重ね合わせるミカゲは何処にも行かないと慰めるが・・・



「どう出る?テイト・クライン」


前回の庭師の青年の時同様、何かを通して教会内を見ている(感じている?)アヤナミ




しかし、ミカゲの思いも虚しく骨の様なコール独特の羽が背中から出てきてしまう少女。
慌てて少女から離れるミカゲ。



そんなコールの出現を察知するカストル
迅速に司教にコール出現を知らせます。


その少女はバザーの開かれている広場に。
被害が出ないよう自分に引き付けて広場から遠ざけようとするミカゲ
それを知り慌ててミカゲを探すテイト


ミカゲは制止も聞かずに立ち入り区域に入ってしまう。
不思議なその場所はいったい何なのか?


そこで回り込まれ行き場をなくしてしまうミカゲ



「もう何処にも行かないで」


少女は跡継ぎの兄ばかり可愛がり自分を見てくれない両親に対し寂しがっていたのだ。
その寂しさに付け込まれたのだろうか?


「一緒にいたいだけなのに」



そんなミカゲを危機一髪のところで助けたテイト



「誓っただろ?どんな時だっておまえを見捨てたりしないって」


「ようやく来たか」




カストルさんのお人形さん達も呆気なくやられてしまった。
人形達の反応が無くなった事でテイト達の危機を実感するフラウ達





「さあ、テイト・クライン おまえの力を見せてみろ」



アヤナミの言うテイトの力とは?



少女に捕まってしまったミカゲ
何処にも行かせない=殺す
こんな状況で親友を助け出せないテイト

しかし、とうとうミカゲに羽の先を向けてきたその時、テイトの身体に変化が!



身体から発するオレンジの光。
そして右手の甲から出てくる玉

その力に激しく反応するアヤナミ


「・・・この力 なるほど」



アヤタンはこれを待っていたのか!!!



テイトから発する光を嫌うコール
そして一刀両断で羽を破壊するフラウ



「貴様に神のご加護を」


「一瞬で私のコールを斬るとは何者だ?」


私のコール????a
コールを作り出せる力があるって事?!Σ( ̄ロ ̄lll)


一体アヤタンって何者?!


しかし、そのコールを使ってテイトの戦い方を見てる(感じてる?)のか?
ミカゲを利用している可能性も無きにしも非ずで・・・


アヤナミのまだ知らない能力にひょおぉぉぉ〜〜〜となってしまいました。





少女が無事だった事に喜ぶ2人



「あの力・・・」


フラウはテイトの力の正体を知っているのだろうか?



「テイト君の世界を壊すのはあのミカゲ君って子じゃないよ
でもあの子が来た事で何かが壊れ始めている」



これから何が起きちゃうの?教えて!お花さん・・・ってとこでしょうか




それにしても素朴な疑問なんですが、こんな緊急時にフラウ達って戦う時は一々司祭服から戦闘用(?)の服に着替えるの?
それより先に駆けつけなくちゃダメなんじゃ?(≧m≦)ぷっ!

あ!この服にならないと力が出せない・・・とか?aa










いつもの様な展開ながら、
前回の青年と今回の少女をコールにしてしまったのはどうやらアヤナミの仕業らしい事

そしてそのコールなのか?ミカゲなのかはわからないけど、それを媒体にその場所の様子を知る能力をアヤナミは持っている事


そしてとうとう目覚めた?テイトの隠された能力


そしてどうやらそれを知っていたアヤナミ
それにしてもミカゲを放して彼は何をしようとしているのか?
イマイチ目的が見えてませんよ!






お話自体はまだまだユルーーーイ展開ですが、また今回は一気にいろいろわかった回でした。
しかし、発動したといってもどうすれば玉は出現するのか?とか、どういう力があるのか?とか肝心な部分はまだ全くわからずのテイトの力


それ以上にどこまで何が出来るの?アヤタン!!!というのが今の私の一番の関心事


光秀とはまた違うブラックさにクラクラしながらついアヤタンばかりを見つめてしまう私なのでした(キャハッ(*/∇\*) ←バカ)



しかし、いくらストックが原作7巻分+きっとオリジナル展開もしているんでしょうが、こんなにゆっくりした展開でイイのかな?
復習って事でタッタカタッタカ進んでる某鋼アニメもどうかと思うけど、こんなにゆっくり展開というのも下手すれば飽きてしまう人も出てきてしまうのでは?

そろそろちょっとデカイ展開を望む私でした!








 07-GHOST Kapitel.1 【初回限定生産】


 緋色のカケラ/鈴希ゆき[CD+DVD]


 瞳のこたえ/Noria[CD+DVD]